虫歯の治療のために歯科医院に行って、思わぬ病気が発見されることがあります。
それは口の中にできるがんである口腔がんです。
歯科医院でがんを告知されたとしたらショックも大きいことでしょう。

通常の健康診断では口の中を見ることはありませんので、口腔がんを発見するのは簡単ではありません。
しかし、歯科医院では専門外の歯医者さんでも口腔がんを発見することが少なくありません。
それは口腔がんが皮膚の中ではなく粘膜、つまり表にできるがんなので、目で見て異常が比較的発見されやすいからです。
埼玉県でしたら歯科で虫歯治療なら朝霞に行くと良いです。

口腔がんは日本国内では年間約6000人の方がかかります。
他のがんと比べると、発生率はがん全体の1~3%とそれほど多い数字には思わないかもしれませんが、怖いのはその致死率で、なんと約3000人もの方が死亡していると言われています。
また5年生存率は60~80%と言われています。

アメリカなど歯科先進国では、口腔がんへの対策も進んでおり、早期発見、早期治療を行なうことで死亡者数は減少傾向にありますが、日本では逆に罹患率も死亡率も年々増加する一方となっています。
口腔がんは腫瘤ができる場所によって、「舌がん」、「歯肉がん」、そして「口腔底がん」の三つに分類されます。
この中で最も多いのが舌にがんができる「舌がん」です。
また唇にがんができることもあります。

口腔がんの最も大きな原因として考えられるのは喫煙です。
口腔がんの発生率を非喫煙者と比べると約7倍も高くなっており、死亡率も同様に約4倍も高くなっています。
飲酒も大きな原因の一つです。
そのため喫煙と飲酒のどちらもする人は非常にリスクが高くなります。
さらに虫歯や詰め物のかけなどによる慢性的な刺激なども口腔がんの原因となります。
リスク回避のためにも、これらの原因となることを避けるようにすることが大切です。
これは他のがんを予防するという意味においても大切なことです。

また早期発見のために、虫歯の治療だけでなく、定期的に歯科医院に検診に通うことも大切です。
検診はがんを探すために行うわけではありませんが、それでも偶然発見する確率は高くなります。
また心配な腫れものなどがあるような場合は、口腔がんかどうか尋ねてみると良いでしょう。
なお、同じ歯科医師でも口腔外科の資格があるほうが、より高い知識を持っているのでおすすめです。
実際の手術は病院の口腔外科になりますが、口腔がんの発見率は普通の歯科医師よりも高いと考えられます。