できることなら頻繁に歯医者に通って虫歯の予防や治療を行いたいと、たくさんの人が思っています。しかし今一つ行動を起こせなくなるのが費用の問題です。虫歯の治療は?矯正は?ホワイトニングは?ここでは何が保険適用で何が保険適用外なのかといった違いを紹介しています。費用のことをスッキリさせて不自由のない歯科ライフを送っていきましょう。

歯医者に行って治療を受けていると、保険適用されるものと、されない治療があることに気付きます。
けれども、患者さんとして受診していると、どこまでが保険適用されるのかが分かりにくいという面があります。
保険診療であれば、かかった治療費のうちの3割の負担で済みますが、保険外治療になると全額自己負担になるので負担する費用も大幅に変わってきます。

歯科受付

保険外治療は自由診療と呼ばれています。
歯医者で行う治療のうち、必要最低限の治療が保険適用されると考えましょう。
例えば、虫歯になって歯医者に行くと、歯を削り、銀歯を詰める治療を行います。
これで噛む機能は回復しますが、銀歯では見た目が悪いので、白い詰め物を希望すると、保険適用ではなく保険外治療になってしまいます。

保険適用される治療は、国によって決められています。
費用も一律になるように決められているので、国内であればどこで治療をしても変わりありません。
けれども、自由診療の場合は国による制限がないので、歯医者が独自に治療費を決めることができます。
詰め物や被せ物に使う材料というのは、保険適用になるものとそうでないものが明確に分けられています。

先程の例ですと、銀歯を白くするための材料として、プラスチックセラミックがあります。
プラスチックは安く作ることができますが、割れやすく長期間使用していると変色してしまいます。
前歯であれば、保険適用でプラスチックの白い被せ物をすることもできます。

セラミックは透明感のある白さが特徴で、プラスチックのように変色しません。
長期間きれいな状態で使うことができますが、プラスチックよりも費用は高くなります。
セラミックは強度にも問題がないので、前歯だけでなく奥歯にも使用される材料です。

このように、保険適用では銀歯を使うことで、噛むという必要最低限の機能を補います。
見た目の美しさを追求するのであれば、保険外治療であるセラミックを使う必要があります。
どこまで保険適用になるのか分からない時は、スタッフに相談してみましょう。

自由診療というのは、敷居が高いと感じるかもしれませんが使う材料が異なり、満足度の高い治療に繋がります。
歯を失った場合、プラスチックの入れ歯は保険適用になりますが、金属を使って薄くした入れ歯や特殊な樹脂を使った場合は、保険を使うことができません。
保険治療でもいいと考える人も多いですが、治療の内容は決して同じではありません。

美容目的の歯のホワイトニングも保険適用外

歯医者の治療は虫歯だけではありません。
黄ばんでしまった歯が気になるという人のためのホワイトニングや、歯並びを改善するための矯正治療もあります。
どちらも保険適用外なので、自由診療として歯医者で行われています。
保険というのは、病気に対して使われるべきものです。
歯が黄ばんでいたり、歯並びが悪いというのは病気ではありません。
治療の目的としては、美容目的と考えられます。
美容目的の場合は保険は使うことが出来ません。

ホワイトニングとクリーニングは自由診療

ホワイトニングした歯

歯を白くするホワイトニングは、特殊な薬剤を使用することで歯の内部の色素を分解して白くしていきます。
1回で色の変化を感じるほど効果的ですが、通常3回ほど繰り返していきます。
1回ごとに費用を支払ったり、3回分をまとめて払うなど、歯医者によって支払い方法も変わってきます。

ホワイトニングは、歯の内部の汚れを白くすることができますが、歯の表面についた汚れはPMTCできれいにできます。
PMTCとは、プロや専用の器具を使ってお口全体をクリーニングをすることです。
保険治療では歯石除去が認められていますが、PMTCでは歯石除去では取り除くことができない茶渋などの汚れをきれいに落とすことができます。
PMTCで使われる器具は特殊なもので、歯の表面にあるバイオフィルムと呼ばれる細菌の集合体をきれいにすることができます。
歯石除去と異なり、クリーニングをすることで痛みなどを感じることもありません。
快適に受けることができ、治療後には歯がツルツルになったのを実感できる人気のあるクリーニングです。

矯正も自由診療

矯正の模型

矯正も保険適用外です。
日本人は顎が小さいために歯がきちんと並ばないということが多いです。
ガタガタした歯並びが気になってしまうという人も多いでしょう。
矯正に使うワイヤー装置が目立つのに抵抗を感じるという患者さんが多かったため、最近では装置を歯の裏側に装着する治療法も考え出されました。
ワイヤー装置を使わずに、マウスピースで矯正することもできます

マウスピースは透明なので装着していても目立たず、自分で取り外しができるというメリットがあります。
歯並びの状態や、患者さんの希望に合わせて治療方法は選択されます。
美容目的の治療が保険適用外になります。
最近は審美歯科といって、よりきれいに美しく治すという歯医者が増えてきていますが、多くが自由診療の扱いになっています。
患者さんの希望と、治療の内容を合わせていくと、保険の範囲では限界があります。

最新の記事